スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛してる③






8月28日 てんちゃんを荼毘に付してきました。
段ボールに商品名とか書いてあるのが嫌で 藤色のラッピング紙でキレイにして
段ボールの底には てんちゃんへのメッセージをみんなで書き
たっくさんの お花で送ってあげることに…。

荼毘に付すことで 家族で決めたことがありました…。
合同葬で お骨は持ち帰らない事…でした。

どうしても お骨があれば 気持ちが残る
いつまでも てんちゃんを思い出しては泣き 離れられなくなる。
てんちゃんが心配して いつまでも虹の橋に渡れず 
迷子になっては困る…。
そんな意見からでした…。

そして 最後の別れ…。
てんを預け 帰宅。

なんだろう・・・この虚しさは。
帰宅途中の車の中で 母に気持ちをぶつけてしまった・・・。

もう 辛すぎる…。
あんな場所に てんちゃんをひとりぼっちで残すなんて・・・っ!
あそこに慰霊碑があると思ってたっ!
いつでも 会いたい時に てんに会いに行けると思ってたもんっ!
もう・・・やだぁ・・・。個人葬にすれば良かったよぉ・・・。

(母)いや、慰霊碑があれば 気持ちが残るから…
無くて良かったのかもしれんよ・・・。

わかってるよっ!そんなことっ!
みんなで決めた事だし 私も同意したんだし
最終的に自分で決めて電話したんだし
誰かを恨むとか そうじゃないんだけど・・・
でも…。分かってるけど…。
あんな寂しい場所に 置いてきちゃうなんて…。
そりゃ…個人葬が良かったって言ったって
焼かれちゃうところなんか 見たくないし
数時間前まで 肉体があったのに 骨だけになってる
てんちゃんなんて 見たくなんかないよ…
ただ…たださ…。

(母)うん…。
初めて飼ったワンコだもんね…。
お骨だけでも 欲しかったんだよね…。

うん…。
お骨が 本当は欲しかった…。
いつでも てんちゃんを感じられたかった…。



こんな会話をしながら 帰宅の途に着きました…。


帰宅した後 しばらくして 号泣しすぎてか 目が重たくなり
少しだけ休むつもりだったが 起きたら もう 夜23時。
 
あっ…。もう てんの魂だけではなく 肉体さえも
この世にないんだ…。
そう考えたら 何故か 一区切りついた感がありました。

日に日に 泣いてしまう回数は 減りました。
今は このブログの記事を 初めから読んでは笑ってます

あんなことあったなぁ~(笑)
こんなこともあったなぁ~(笑)
あっ そうそうっ!こん時 こうだったわぁ~(笑)
な~んてねっ。

きっと 大丈夫。
一週間後 一か月後 一年後 悲しい気持ちから
てんとの思い出で心が満たされているはずっ。 
てんを忘れることはないんだから・・・ねっ♪



スポンサーサイト

愛してる②


 
 

1999.4.20 - 2015.8.27



わるつ…。
あえて 今日からは てんちゃんの本当の名前で書かせて頂きます。

わっちゃんは 今年5月1日に ばーちゃんの家でお泊り中
突然の下痢&嘔吐を繰り返しました。

病院へ連れて行くと 即入院になり 『一応 覚悟してて…』 と言われました。

ところが 数日後には みるみると回復し 食欲旺盛となりました。
あはは わるつらしい~! と家族で笑っていました。

ただ その後 うんPだけは ちょっと軟便状態でした。

それから 3か月後の 8月14日 朝
起きて まず わるつのトイレ確認すると そこら中が軟便だらけ
ほとんど水状態で 慌ててわるつの確認に行こうとしたら
キッチン廻りが 軟便と嘔吐で グチャグチャに…。

片づけるのも後で わるつの元に行くと…
『てへっ ごめんねっ♪』 と言わんばかりの 
いつもの顔で こっちを見てたんです。

倒れてもいない 苦しそうでもなく 本当に普通の感じでいたので
こっちが ビックリ。

ホッとして 胸おろし 嘔吐物&下痢Pを片して
わっちゃんの側に行くと あの娘ったら 
”ごはんちょーだいっ!”の催促。

本当 いつもの感じだったんですよね~。

でも お腹を触ると 確実にお熱がある。
すごく熱いんです。

そして その日仕事だった私は マリちゃんにお願いし 
病院に連れて行ってもらいました。

休憩時間に 電話すると またも 即入院。
翌日 パパと2人 病院へ行くと 先生から説明を受けました。

夏バテかも知れない。
ただ あの子は 本当に貴重な子で 2度と歩けないと思ったのに
歩けるようになったり 何度も危ないと思っても元気になったり
なんと言っても 最近は寿命が長くなったとは言え 
元々 ヨークシャテリアは 12.3年ぐらいが寿命だけど
この子は もう16歳だもんね~。ホントにスゴイ子だから。 
あの子が頑張ってるんだから 私も頑張りますよっ!

と言ってもらえました。

そして またもや驚異的な生命力で お家に帰ってきましたっ。
家に帰ってきたら ヨタヨタ歩きだったのが
自ら テクテクと歩き ご飯をパクパクと食べ
おやつ祭りはいつするの?ってな感じで 元気いっぱいっ!
一番驚いたのが うんP!
5月から ずぅーっと軟便だったのに 突然 コロコロのうんちを
し続けました。

それから 8月22~23日。少し元気が無く 食事を拒否したんです。
うんPも ちびっとしただけ。退院から初の軟便でした。

ただ 食事を拒否ることは 度々あったし (中身が気に入らず…)
おやつだけは 食べてたので あんまり気にも止めず…でした。


24日 朝起きて 様子を見ると いつもと変わらず寝ていました。
いつでも食べられるように わるつの食事の支度だけして
時間過ごしていました。

実は この日私はお休みでした。
普段なら 一緒に過ごす日。
でも わっちゃんが通院している病院が休診日。
明日 診察に連れて行く為に 我が家より 家が近いマリちゃん家の方が
良いだろうと ばーちゃんに預けました。

ばーちゃんは 何かあったらイヤだと すごく嫌がったのに…
無理にお願いしてしまいました…。
なんでだろう・・・。いつもの私なら引き下がって 
”じゃ~いいや~”とか言って わるつといたはずなのに…。

夕方に突然ばーちゃんから 電話。
わるつがおかしい!開いてる病院でいいから どこかで診てもらってっ!と。
慌てて 症状を聞くと トイレに行ったまま15分帰って来なかったり
家に来てから 一度も寝てないっ!ずっと トイレに行ったり来たりしてるっ!
目が見えないのか あちこちに頭をぶつけたり 狭い所に顔を突っ込み
突き進んで 挟まったりしてる!との事でした…。

なんで!? 今朝まで 少し体調が悪いくらいな感じだったのに…。
どうして!?そんな異常行動してるのっ!?
もう頭ん中 パニくりながら

緊急用の電話をするから そのまま待っててと言い残し
かかりつけ病院へ電話すると先生に診てもらえることに。

そのまま 病院へとマリちゃんが向かうと
ご夫婦で獣医師のお2人が わるつを診てくれることになりました。

そこで 奥さん先生からは 『覚悟を決めといた方が良いかも知れない…』と
院長先生からは 
『この子は貴重な子だし この子が頑張ってるんだから 助けてみせるっ!』と
言われたそうです。

マリちゃんからの電話で そう聞いた時 色んな意味で覚悟を決めました。

そして 翌日 わるつを見に行くと 高濃度酸素室に入っていました。
口は半開き 目は虚ろ…。
信じられませんでした…。たった一夜にして… 
たった一夜で わるつがこんな状態になってしまってるなんて…。
何度も何度も ”わっちゃん わっちゃん” と呼びかけ身体を撫でてると
私達が来たのが分かり 持ち上げられない頭を 必死で それはもう必死で 
何度も何度も持ち上げようとしたんです。

先生の計らいで 外に出してもらい わるつを抱きしめる事が出来ました。
そして耳元で 私の気持ちを伝えました。


  わるつの気持ちが一番だよ。
  疲れちゃったら 頑張んなくて大丈夫・・・。
  わるつのしたいと思うことを
  家族みんなが尊重してるよ。
  愛してる。この気持ちは
  ずぅーーっと一生涯変わらないよ。
  わるつ 愛してる・・・。
                                   


こんな状態でも わるつは 私たちが来たことに興奮し
息が荒くなり 呼吸が苦しそうになってしまいました。
直ぐに 先生を呼んで 高濃度酸素室へ入れてもらいました。


その日 帰宅して カバンを置いて ベッドに倒れこみ
タオルケットを丸めて 口に押し当て 大声で叫びまくりました。。。
何度も何度も わるつの名前を口にして 何度も何度も。

しばらくして 気持ちが落ち着き
帰宅してきたパパと色々話しました。
わるつの意識がある内に 会った方が良いかも。
わるつも パパと会えないのは寂しがるよ。

翌26日 パパは午前中で早退し 3人で わるつに会うことに。


昨日より 少し良いよっ。と言われ
ホッとしながら わるつに会うと・・・

えっ!? 嘘っ!?

私とマリちゃんの第一声でした。
なんと わるつは 高濃度酸素室の中で
普通に頭を上げ ちょっと体調悪い感じの顔で
私達を見てるんです。

パパには もう今日明日かも知れないと伝えていたのに…
あまりの前日との違いに ただただビックリしてしまい
思わず先生に
『また 奇跡が起きる!?』
なんて 聞いちゃいました。

わるつの容態を見て ずぅーっと言わなかった 言葉
『 わるつ 頑張れっ! 』 と
帰り際に 言ってしまいました…。

実は この日 わるつの容態が変わらないようなら
家に連れて帰りたいと 先生に言うつもりでした。
でも あんなに前日との様子が違うから
こっちのが 楽なのかも。 
もしかして 元気に帰って来れちゃうかもっ。
と思って 口に出しませんでした。

この日の夜 久しぶりにしっかりと睡眠し深く眠りました。

そして 翌朝。
9時半に 病院から電話。

わるつちゃんの お迎えお願いします…。
えっ?ダメだった…の?

うん…。
でもね 苦しまなかったみたいだよ。
寝てる間に すぅーと…。

一呼吸置き お礼を言って 電話を切りました。
直ぐに 仕事へと出てる パパとマリちゃんに電話。

2人が戻ってきて 3人で病院へ。

先生から 
スタッフが2時間置きに 診てるんだけど
6:30に診た時は 変わりなく寝てたんだけど
8:30に診た時は もう…。
との事でした。
そして…。
昨日 私達が帰宅した後 わるつは泣き叫び続けたそうです。
3時間も…。

この事以外 なにも後悔はありませんっ。
わるつは きっと幸せだったはず。

だって 私達 家族全員が わるつが居てくれて
側に寄り添ってくれて 本当に 幸せだったもん。


今頃 わるつは 虹の橋を渡り 
大好きな散歩をしてるでしょうっ






こんな感じっ(笑)


ここ数年 わるつの事を記事にする事も 
ほとんどなく ご無沙汰ばかりでしたが…

わるつを可愛がって頂いた皆様に
家族&わるつに代わりまして 厚くお礼申し上げます。





みんな ありがとねー♪
じゃー 先に行くねー♪








長文 読んで頂き ありがとうございました。
わるつを引取り 病院を後にする時
院長先生は 車を出すまで ずっと見送りなさってくださいました。

たくさん わるつを褒めて頂き 
一生懸命 尽力を尽くして下さり 
最期まで わるつを見送って頂きありがとうございました。
先生に診て頂き あの娘は幸せでした。

そして…わるつを可愛がって下さった ブロ友の皆様。
沢山の愛をありがとうっ。

関わって頂いた皆様に 感謝しています。
ありがとうございました。


てんてんのうたたねは わるつの思い出がいっぱい詰まっているので
このまま残します。
ブログは このまま 時々更新スタイルで続けようかなっと思っています。


愛してる





★ てんは4月20日生まれ
★ 今日で16歳4ヶ月7日
★ 17歳の誕生日まで237日
★ 生まれて5974日目
★ ヒトなら81歳くらい !





8月27日 午前6:30~8:30頃 

私の可愛い娘 HN てんちゃんこと わるつ が 

虹の橋の神様の元へお嫁入りしましたっ。

16歳4か月と7日 大往生でしたっ。

詳細は落ち着いた頃に お伝えします。

今日まで 可愛がって頂いた ブロ友さんに

取り急ぎ ご報告まで…。

プロフィール

waltz

Author:waltz
 
 先代犬 てんの紹介 
  2015.8.27永眠

名前 てんてん
性別   ♀
性格 怖がり 女王様気質
夢  ばーちゃん家の子に
   なるコト
趣味 パパを惑わす事

 あずきのご紹介 

名前 あずき
性別 女の子
犬種 MIX ポメキー
   父 ポメラニアン
   母 ヨーキー
性格 おてんば 甘えん坊 

  ゆずのご紹介

名前 ゆず
性別 女の子
犬種 ヨークシャテリア
性格 気が強い 我慢強い 食いしん坊


  waltzの紹介

名前 てんこ改め 
waltz です。
性格 お人好し

てんあゆS'今いくつ?
最近の記事+コメント
カテゴリー
ようこそ
ランキング
楽しんでねっ。
現在の閲覧者数:

てんあずのお友達

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
16561位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

8069位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。